本文へスキップ

ドッグフードの選び方 自然素材専門店ドッグスタイル 自然素材ドッグフード通販

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-766-4138

〒252-0302 神奈川県相模原市南区上鶴間1-28-10

ドッグフードの選び方dogfood

これらの原料・食べ物・成分って安心?その2

ドッグフードを選ぶポイント

(10)「食塩」

自然のバランスのもとに含まれる塩(ナトリウム)は細胞の健康に重要だが、多すぎると繊細な構造を破壊する。
汗腺が発達しておらずほとんど汗をかかない犬は、ごく少量の塩分しか必要としません。
人と同じ食べ物は犬にとっては塩分が強すぎ体に悪影響を与えます。

人工的や行為に塩分が含まれているフードやおやつなどを摂取してる場合はたくさんの水を飲ませて下さい。腎機能が正常で充分な水分があれば過剰なミネラルは排泄されますが過剰摂取は体に悪影響を及ぼします。

(11)「BHA、BHT、エトキシキン、DDVP(ジクロルボス)」

これらは酸化防止剤(防腐剤)です。「BHA」は、ブチルヒドロキシアニソールと言い、もともとはガソリンの酸化防止のために合成された化学物質です。動物実験の結果発ガン性、歩行障害、呼吸困難、消化器官の出血、肝臓のうっ血があることが確認されています。厚生省の依頼で昭和53年から名古屋市立医大でラットの発ガン試験を始めていたが、BHA無投与のオス・メスとも全く発ガンしなかったのに対して、BHAを与えていた方には前胃に腫瘍が発生、扁平上皮癌、前癌症状である乳頭腫などができたのを含めるとオスは100%、メスは96~98%に及んだ。BHAをラットとハムスターに与えると、胃に扁平上皮細胞のガンを誘発した。(最も致命的なガンであり、多くの白い猫は扁平上皮細胞が皮膚の上で黒い腫瘍になった後、1ヶ月以内に死亡する。) BHAは胃と膀胱にガンを形成させた。
「BHT」とはヂブチルヒドロキシトルエンと言い、石油用の抗酸化剤として使用されています。今でも魚介類や乳製品に使われていますがアメリカの実験結果によれば膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する可能性があると報告されています。その他に、血中コレステロールの上昇、ヘモグロビンの減少、肝臓・腎臓の異変などの報告もあります。急性毒性、慢性毒性、特殊毒性とがあり、この特殊毒性のテストでラットの食餌に10%のラード、BHT0.1%を添付すると交配により得られた新生仔に無眼球症がみられた。人間の食品の場合BHTには使用基準量が定められているが、他の薬品と併用された場合の相乗毒性の試験は全然行われていない。 ペットフードに至っては、危険性は大であり、その悪影響の結果が新生仔にみられている。毒性は急性症状としてケイレン、失神、肺水腫、腎臓病、貧血を起こし、中枢神経の重い障害(麻痺、精神障害)を起こし、1日3回塗り続けると3ヶ月でガンが発病する。
「エトキシキン」日本で人の食品添加物として使用されたことがない。ダイオキシンと同じ成分。現在、人間の食品には一切認められていない添加物です。実験結果によると「アレルギー性皮膚炎、目と皮膚に炎症を起こす、肝臓・胃・膀胱・大腸にガンを形成」などが報告されています。 今だBHE・BHT・エトキシキンなどの強い毒性をもつ物質を添加しているドッグフードが売られています、中には、自然食、ナチュラルドッグフードと表示しながらも、微量のエトキシキンやBHAが検出されてドッグフードもあります。それは原料になった家畜がこのような物質が含まれた餌を与えられたり農場に散布し育った草を家畜が食べていたからと言われています。なぜこのような物質を添加するのかと言うと、動物性脂肪の酸化防止、人工ビタミン、人工ミネラルの安定のために使用されるのです。 BHAやBHTは簡単に言うと、ベトナム戦争時に米軍が撒いた「枯れ葉剤」とほぼ同じ成分です。フー ドに使用する際の安全性についてはいまだ保証されていません。人が作ったダイオキシン系の最強の発ガン物質。
「DDVP(ジクロルボス)化学薬品過敏症にる報告があります。農薬として使われることが多く、欧米諸国では使用禁止薬物になっています。人間で、DDVP被ばくと白血病や非ホジキンリンパ腫・前立腺癌との関連が報告されています。動物実験では膵臓や乳腺の腫瘍、白血病が観察されており、米国環境保護庁及び国際癌研究機構では、DDVPを発癌物質に分類しています。

(12)「コーングルテンミール、コーンミール」

コーングルテンミール、コーンミールはコーンシロップ・コーンスターチを製造したときにでる副産物です。これらは副産物であり搾りカスなので栄養素低いです。

(13)「遺伝子組換作物」

実際のところ食べ続けるとどうなるかとは誰も知らないのが現実です。
「遺伝子組み換え原料は不使用」と表示された食品には、遺伝子組み換え原料が5%まで含んでも良いことになっています。不使用と表示しながら実際は5%まで含まれていても不使用と謳えます。

(14)「各種ビタミン*、ビタミン類*、各種ミネラル*、ミネラル類*」

これらには天然原料から抽出したものと科学的に合成された人工のものがあります。特に明記されていない場合は化学合成されたものです。化学合成された人工ビタミン、人工ミネラルは、体内で栄養素としての役割を果たすことなく、ウンチやおしっことなって排泄されてしまうのです。 化学合成された人工物は天然ビタミン・ミネラルの化学式をまねただけの無益のものなのです。ときには悪影響を及ぼす有害な物質でもあるのです。まぎらわしい表示をしてあるドッグフードもあります、「天然ビタミン」と「天然型ビタミン」、違いは「天然ビタミン」は天然物から抽出された良質のビタミンです、「天然型ビタミン」は化学合成された人工ビタミンです。天然ビタミンと天然型ビタミンの働きには「天と地」ほどの差があるのです(比べる次元ではないくらい天然型は意味が無いのです)。 天然酸化防止ビタミンは通常「○○-トコフェロール」と表示されています。これは脂肪そのものに対する抗酸化力が強いだけではなく、体内に入っても吸収力が高く、細胞の抗酸化に優れた機能を発揮することで、老化防止やガンの発生予防に働きかけます。 では、どのようにして見分けるのか、原材料に記載されている物に「副産物、肉類、穀紛」などの上記に記載されている材料が使用されているドッグフードはほとんどが「人工ビタミン・人工ミネラル」と考えられます。

(15)「人間用牛乳」

犬や猫は牛乳に含まれる乳糖は分解できません。通常、乳糖はラクターゼと言う酵素によって分解されますが、犬や猫はこの酵素が分解できるほど体内に無い為、軟便や下痢、フケ症や体を掻く原因になります。

(16)「防腐剤」

防腐剤は必要ないものです。
ペットフードに使用される防腐剤のほとんどが人間や人間が食べる家畜のエサなどには使用してはいけないものが使われます。日本ではまだドッグフード対して安全基準が設けられてはいませんのでメーカーはフードを腐せないように使用します、これらの防腐剤は発がん性物質がふくまれており食べ続ければガンや重い病気になるのは避けられないでしょう。防腐剤が入っているだけでそのフードはやめた方がいいです。ホルマリンは有名な防腐剤ですが、半生タイプのフードやおやつに使われていることがよくあります。空気1リットル中に0.5ミリグラム混入すれば人間を死に至らしめることができる化学薬品です。

(17)「香料、着色料、硝酸ナトリウム、亜硝酸ナトリウム、リン酸ナトリウム、セレン酸ナトリウム、ニトロソアミン」

元々原料が粗悪な物や薬品等使用しているフードは香りや色が悪くワンちゃんが食べないケースがよくあります、そこで香料や着色料を使って香りや色を付けワンちゃんを騙して食べさせるようなものです。これら香料や着色料は人工物で食べ続けると中毒症状やガンなど重い病気になる場合がよくあります。特に「食用赤色2号、3号・食用黄色4号・食用青色1号、2号」などは大変危険です、赤色2号、3号は石油を原料にした着色剤で遺伝毒性や染色体異常が報告されています。黄色4号は食用着色料の中では最も多く使用されていますが赤色2、3号同様の問題が報告されています。着色剤は口に入れなければ触れても燃やしても気化しても大丈夫です。
「硝酸ナトリウム、亜硝酸ナトリウム、リン酸ナトリウム、セレン酸ナトリウム、ニトロソアミン」発色剤として使用されている。強力な発ガン性物質でニトロソアミンとして知られている。AAFCOでは20ppm以下と使用限度量を定めています。20ppm以下でも非常に強い毒性をもち微量でも効果抜群なので使用されることが多いです。

(18)「卵の白身」

皮膚炎を引き起こす可能性があります。卵を与える場合はよく火を通しましょう。
生の卵白には「アビジン」という酵素が含まれていて、卵黄に含まれる「ビオチン」(抗皮膚炎酵素)を阻害したりビオチンと結合してしまいビオチン欠乏症を招きます。皮膚炎・成長不良の原因になります。また、消化不良をおこし下痢をしてしまいます。黄身のみを加熱処理して与えて下さい。

(19)「白米、醸造米(汚染米)」(賛否両論)

ビタミンBの75%を失わせると報告があり白米はカロリーが高く、ビタミン・ミネラルをあまり含んでいないので、発育遅延・肥満の原因になります。醸造米は栄養分が更に失われた白米の壊れた粒だからです。米類を選ぶのであれば「玄米・全粒米・胚芽米、米」などが好ましいです。

(20)「人間の食べ物」

基本的には人間の食べ物はワンちゃんには与えないで下さい。人間の食べ物は塩分や香辛料などワンちゃんにとって非常によくない物ばかりです。人間の食べ物を与えているとドッグフードなどは食べなくなり肥満になりやすくいろいろな障害がでてくるので人間の食べ物はなるべく与えないようにしましょう。
人間の感覚で「この位だったらいいだろう」と思ってもワンちゃんにとっては塩分などの過剰摂取になりますので人間の感覚でワンちゃんにものを与えないで下さい。

(21)「仔犬に過剰なカルシウム」

過剰なカルシウムは、かえって発育を悪くします。
仔犬にはパピーフードやミルクに含まれているカルシウム量で十分です。他にカルシウムを添加すると骨の発育に障害を及ぼし骨の成長が早く止まってしまい関節などに障害がでて関節炎や股関節形成不全などになりやすくなります。
(ミネラル類は過剰に与えると結石の原因や他の障害が発生するので必要分以上は与えない方がいいです)
仔犬に余計な物は与えない方がいいです、生後6ヶ月以下の仔にはミルクとパピーフードで十分です。
胃腸系がまだ発達していない仔犬に余計な物を与えると食物アレルギーになる可能性があります。


コラム

よいドッグフードを選ぶポイント

ドッグスタイルで扱っているフードやおやつは

ドッグフードのからくり

これらの原料・食べ物・成分って安心?その1

◆これらの原料・食べ物・成分って安心?その2

これらの原料・食べ物・成分って安心?その3

涙やけの原因は

食物アレルギーの原因

犬に野菜・穀物は必要?

生肉って大丈夫?

手作り食って大丈夫?

成犬1日あたりの体重別カロリー要求量

5大栄養素・ビタミン・ミネラル・その他の説明

ドッグフードを選ぶポイントは

ドライフード・缶フード・半生フード

TV・獣医さんが紹介するフードって安心?

AAFCOって?(アーフコ・アフコ)

ショッキングな事実


shop info.店舗情報

ドッグスタイル店内

ドッグスタイル

〒252-0302
神奈川県相模原市南区上鶴間1-28-10
TEL.042-766-4138
FAX.
店舗案内
トリミング
ペットホテル
スタッフ紹介
会社概要

営業時間.10:00~20:00
定休日. 火曜日

BOSCHボッシュドッグフード正規取扱店

ドッグスタイルは BOSCHボッシュドッグフード、ボジータの正規取扱店です。他にも「王様工房」「アニモンダ」等を取り扱っており安全で安心してお使いいただける商品だけを扱っております。
正規取扱店の印が信頼の証です。


ブログの最新情報

フトゥーロ日記
今週のモデル犬


表示モードPC│スマートフォン

ドッグスタイル BOSCHボッシュドッグフード